M&Aの会社一覧で優良会社がパパッと見つかる

戦略として企業を買収する

企業買収は、企業を企業が買収することですが、その多くは経営戦略として行われます。企業買収をすることによって、市場のシェアを広げることができますし、また会社の規模が大きくなるスケールメリットも得ることができます。

候補先企業の選定サポート

オフィス

リスト絞り込みから交渉へ

企業同士の合併や買収といったM&Aは経営が悪化した企業の事業再建手段だけでなく、経営強化や新たな経営資産獲得の目的でも実施されています。敵対的買収や相手企業の望まない合併はさまざまな軋轢を生みますが、双方の企業がともにメリットを享受できるような友好的M&Aの成功例も少なくありません。そのような成功事例を生み出すためには事業譲渡や業務提携・会社分割といったさまざまな可能性も視野に入れ、最適な相手企業を見つけ出すことが重要です。友好的M&Aの実現で最大の困難が予想されるのはこの候補先企業の選定ですが、M&A仲介サービスでは会社一覧の形で候補先企業のリストを作成しています。インターネットの会社一覧サイトでもこうした企業の情報は閲覧可能となっており、目的に合った企業を見つけ出すためによく利用されているものです。優良な案件はインターネット非公開というケースも多いですが、M&A仲介サービスを利用することでそのような非公開企業の会社一覧も見ることができます。M&Aの交渉を進めるに先立っては、まずロングリストと呼ばれる会社一覧を作成して候補先企業を検討するのが一般的です。友好的M&Aで最大のポイントとなるシナジー効果を基準として候補を絞り込み、作成されたショートリストに基いて優先順位の高い企業から交渉に移行します。このようなプロセスを経ることで効率よく交渉を進められるため、結果的に事業譲渡や業務提携などの成立に至る確率も高くなるのです。M&A仲介サービスの会社一覧を利用することによって、候補先企業の絞り込み作業は精度が格段に高まります。数多くの交渉を成功に導いてきた仲介サービスは、クライアント企業の買収先や合併先・提携先として相応しい企業を見つけ出すノウハウが蓄積されています。M&Aによる問題解決を望んでいる企業同士のマッチングに、このような会社一覧は大きな役割を果たしているのです。

ビル

グローバル競争の時代到来

グローバルな競争が進展する中で企業の経営のスピードが重要になっています。事業の集中と選択が重要で企業買収は事業規模の拡大をスピード感をもって行う有力な選択肢となっています。企業買収で需要なことは経営効率の改善や従業員の融和となります。従業員が早期にベクトルを合わせることが必要となります。

男女

企業の強化の方法

企業買収のメリットは、規模の拡大、弱い部門の強化、そして新規事業への進出のリスクを低減できることにある。本来はこれらのことを行うには多大な時間を要するが、企業買収によって実行する場合には、時間の短縮にもつながる。