M&Aの会社一覧で優良会社がパパッと見つかる

戦略として企業を買収する

握手

買収が戦略となる理由

企業買収とは、企業を吸収することによって自社の中に取り込んでしまうというものです。企業買収には敵対的買収と友好的買収がありますが、その多くは経営戦略の一環として行われます。経営戦略としての企業買収としては、競合する相手を買収することによって、その市場のシェアを広げようとするものです。シェアを広げる理由としては市場規模が縮小傾向にある場合に企業が生き残るために行うものもあれば、反対にシェアを拡大するために行うものもあります。また市場のシェアを広げることによって、スケールメリットの恩恵を受けることができます。これらは同業種に対しての企業買収によく見られるもので、特に企業が生き残るための戦略として行う場合には事前の話し合いによって友好的買収が行われます。一方で市場拡大を狙った企業買収以外としては、他の業種への進出があります。異業種への進出するには、その業種に適応した社員を養成する必要がありますが、社員の養成には年単位の時間が必要になってきますが、これをその業種で一定の実績を挙げている企業を買収することによって、異業種進出への人材資源の確保を行うことができます。以前は企業買収といえば、マイナスのイメージがありましたが、現代では経営戦略のひとつとして広く行われるようになっています。また大企業だけでなく中小企業においても生き残り戦略として企業買収が行われる傾向にあり、企業を存続させるための方法として利用されています。